普通預金と定期預金

画像

預貯金取扱金融機関に金銭を寄託することを預金といいますが、預金には当座預金と普通預金、定期預金といった商品があります。当座預金は一般的に預金者が手形や小切手の支払いを決済するための口座のことを指し、日本では無利息と決められています。口座開設には当座勘定の契約が伴うため、金融機関の審査を通ることが必要となります。一般的に企業が開設しており、個人での開設はほぼ不可能です。個人で使用する機会が多いのは、普通預金と定期預金になります。では、両者の違いはなんでしょうか。まずは普通預金について説明します。普通預金は、銀行取引の基本となる商品で、自由に預け入れや払い戻しができる口座です。キャッシュカードにより、ATMを利用した預け入れや払い戻し、振込などの取引ができたり、給与、年金、配当金の受取に指定できたり、公共料金やクレジットカードなどの支払いを口座自動振替に契約することもできます。そのため、決済口座としてとても大きな役割を担います。また、普通預金には、利息がつく総合口座と、無利息ですが、その金融機関が破たんした場合も、全額保護される決済用普通預金があります。ただし、総合口座の場合でも、ひとつの銀行につき一人当たり1000万円までの元本と利息が保障されます。決済用普通預金は、利子はつきません。例えばマンションの管理組合が預かる修繕積立金など、いずれ使うことがあるかもしれないため、もしものときに全額保障されないといけないというような場合に使用するケースが多いです。

定期預金の説明 定期預金について説明します。定期預金は、満期日や据置期間を設定して、その日まで払い戻しをしない条件で一定の金額を預け入れる預金のことをいいます。預金期間中は、原則として解約できない分、普通預金よりも高い金利を受け取ることができます。期間は数カ月から数年までの範囲で設定することができ、基本的には・・・
定期預金の注意 最近は定期預金の金利が低いからと普通預金だけにしている人も多いようですが、定期預金に預けることができれば、貯蓄と生活する口座と分けることができるのでお金が貯まりやすいです。総合口座の定期預金であれば、普通預金口座が残高不足でも貸付してくれるので、支払いが多くなってしまったときにも安心です。で・・・